See More Photos

Kashinozaki Lighthouse

Wakayama

Key Details

City, Area Wakayama, Kashinozaki Lighthouse
Duration 120
Phone Number
Access From Koza Station ,Wakayama
80 min walk

Share and add this trip to your Wishlist

Reviews

  • ほぼ360°の絶景が。日本最古の灯台に螺旋階段を上れば、太平洋側は地球の丸さが、紀伊半島側には清流古座川が流れ込むなかに九龍島・鯛島が浮かんでいます。さらには半島の山々が一望でき暫し”ぼーっ”とできます。水仙の咲く時期もイイですよ。

  • e

    トルコ記念館の駐車場から歩くこと5分。 太平洋の景色を見ながら灯台にたどり着けます。 灯台にのぼると目の前には真っ青な太平洋。 ベビーカーを押して行きました。灯台周辺は石畳なので多少歩きにくいです。 それと歩いて行く途中の道からフナムシがたっくさんいます。少し気持ち悪いですが。。。 灯台のすぐ近くにトルコ雑貨を扱う「オットマンコナック」というお...  

  •  南紀大島の東端に、石造りとして日本最古の灯台があります。12月の下旬、この灯台の周囲に水仙が咲き乱れていました。周囲に水仙の甘い香りが漂い、澄み渡る青い空と白い灯台を眺めながら何物にも代えがたい、贅沢な気分に浸ることができました。観光シーズンとしては外れているのでしょうが、水仙が咲き乱れる季節の樫野埼はお薦めです。甘い香りの中で、一人きり、あるいは二人きり...  

  • 樫野埼灯台は1870年(明治3年)に作られた日本最初の石造り灯台です。現在は自動点灯の無人灯台で内部には入れませんがすぐ横に作られたらせん階段で灯台に上り太平洋を見渡すことができます。風が強かったですが、絶景でした。

  • 紀伊大島の先端に白亜の灯台があり絶景が望めます 灯台へ行く道すがらトルコとの有効を示すモニュメントや資料館、お店などがあって 運が良ければトルコアイスのパフォーマンスが見られます きんかんソフトなどこの地ならではのアイスもあります 近くの樫野崎では季節限定で伊勢エビ、ブリ、アワビなどをお手頃に頂ける食堂もあります

  • m

    串本大島の突端「樫野崎」。そこには開国日本の魁「樫野崎灯台」があり、黒潮に洗われた絶壁の海岸線とのコントラストが、美しさをひきたてています。駐車場から10分程歩きますが、途中には「トルコ記念館」や「トルコ軍艦遭難の碑」があり、とても興味深いところです。明治23年日本からの帰途、大島沖で遭難したトルコ軍艦「エルトゥールル号」の乗組員達の悲哀と彼等を必死で救助し...  

  • 日本の灯台の父と呼ばれるイギリス人技師リチャード・ヘンリー・ブラントンの設計により、明治3年(1870年)に建設された灯台の、旧官舎 明治23年(1890年)9月16日のトルコ軍艦エルトゥールル号遭難の際の救難公式記録が 書かれた場所、入場料100円で詳しく説明をして頂けます。 今は無人の灯台に上がると、180度の太平洋が望めます。 近くにはトルコ軍...  

  • v

    石で作られた灯台ここでトルコ軍艦が遭難? 回転階段を登ったテラスから太平洋を眺めると、永遠に続く海に見える。 海には大型船が左右に行き来し、最高の眺め。 天気がいい日は最高の眺めだが、風も強い。海が荒れると遭難する危険が一杯!!

  • u

    冬に行くとスイセンがきれいです お天気の良い日にドライブに行きました。カーブした橋を渡って大島へ。駐車場から灯台を目指して歩きます。途中にトルコ記念館やトルコアイスなどを売っているお土産屋さんなどがあります。海には切り立った岩が幾つもあり波がぶつかっています。昔ここで座礁したトルコの船のことを思います。しばらく行くと広い所に出ます。冬はスイセンがいっぱい咲い...  

  • k

    串本の対岸にある大島の先端にあるため車がないと行きにくい場所だが、青い海の崖の上に立つ瀟洒な灯台。灯台を建てたイギリスの技術者が植えたのが起源と言われる水仙が周りに咲いていて気持ちよく散歩ができた。また灯台の外側の階段を登ると周囲の青い海の絶景が見れます。1月の平日に行ったこともあると思いますが観光客も余りおらず、のんびり楽しめました。駐車場も広くて便利。こ...